診療時間 9:00~12:30、17:00~19:00
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

06-6931-3174

〒536-0008 大阪府大阪市城東区関目1-13-17

禁煙外来

大阪市城東区の内科 循環器内科 小児科

禁煙外来(保険適用)

禁煙治療の保険適用が始まりました。
ただし、禁煙治療の施設適用基準を満たし、社会保険事務所に届出を受理された医療機関のみで保険適用となります。

今まで禁煙したくてもなかなかできなかった方、これから禁煙してみようと思っていらっしゃる方、本院がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

保険適用の条件

健康保険等で禁煙治療を受けるには

健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関で受診し、次の要件を全て満たす必要があります。

  • ニコチン依存症を診断するテストで5点以上
  • 【1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数】が200以上
  • 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意している

TDSテストあなたの「ニコチン依存度」はどのくらい?

ニコチン依存症を判定するテスト TDS(Tobacco Dependence Screener) はい
(1点)
いいえ
(0点)
1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。    
2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。    
3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。    
4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
・イライラ・眠気・神経質・胃のむかつき・落ち着かない・脈が遅い
・集中しにくい・手のふるえ・ゆううつ・食欲または体重増加・頭痛
   
5. 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。    
6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。    
7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。    
9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。    
10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。    
  • (注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

禁煙補助薬

禁煙補助薬には、ニコチン貼付薬(ニコチンパッチ)や、内服薬(バレニクリン)等があります。
ニコチンパッチは、禁煙時に出現するニコチン離脱症状に対して、ニコチンをパッチの形で皮膚から補給し、その症状を緩和しながら、徐々にニコチン補給量を減らし、ニコチン依存からの離脱を補助するものです。これに対し、バレニクリンは、ニコチンを含まない飲み薬で、禁煙に伴う離脱症状を軽減すると同時に、喫煙から得られる満足感を抑制し禁煙を補助します。
本院では、患者様に合った禁煙補助薬を用いて治療を行います。

PageTopへ戻る